bunlog

はじめてのブログ。文房具について書いていきます。

カテゴリ: ボールペン

4月はなんだかバタバタしておりまして、久方ぶりの投稿です。

今日扱うのは、ぺんてるの新商品、i+(アイプラス)です。

2014-04-16-17-06-37


これがプレスリリースされたときの感動たるや…♪───O(≧∇≦)O────♪

もともと、僕が中高生の頃にMy最強ゲルインキボールペンの座に君臨したのはスリッチ。
(ちなみに初代王者はハイテックC0.4、二代目はシグノ0.38。)

当時は、ハイテックCコレトが発売されたばかりでしたので、シグノと双璧をなしていました。(サラサは少数派だったなぁ)

スリッチの登場は結構遅めだった気がしますが、
ハイテックCのようなペン先の脆さがない、シグノのように紙を刺すような感じもしない!
しかも、ペンケースに複数入れてもかさばらない細さ‼︎


しかし、多色のスリッチーズ女性向けのデザインが多い…
いやむしろ、男性はターゲットに入っていないような孤独感が…

その隙に、スタイルフィットなるものが登場。

あのジェットストリームとシグノが一本に‼︎
という衝撃にやられまして、レギュラーメンバーとして使っていました。

スタイルフィット離れが始まった原因は、シグノRT1の発売です。

久々にゲルインキで感激しましたね。最近は新油性ばっかりだったから…

しかし、その書きやすさのせいで、スタイルフィットのシグノの書きにくさに気づかされまして。ズ―――(-ω-ll)―――ン

そんななか現れたのが、i+というわけです!

スリッチに加え、ビクーニャ、エナージェルが使える‼︎(インクの減りが心配ですが…)

ただこやつ、軸がお粗末。
エナージェルは今や看板商品なんだから(たぶん)、もっと気合を入れても良かった。

リフィルの識別はほぼ困難だし、ノック部もバネが強すぎる上に、安定感がない…
初音ミクとのコラボで売り出したいようですが、
スリッチーズといい、i+といい、ターゲットが狭すぎやしませんか?涙
ゼブラはスラリシャーボを出しているというのに…

今後の展開に、猛烈に期待しております。


読んでくださった方々(居るのかな?)、ありがとうございました!

次は写真も入れたいな〜

あけましておめでとうございます。

随分時間が空いてしまいましたね。(たぶん読者はいないから大丈夫だと思うけど。)

2014年一発目は、手持ちから。

じゃーん。ZEBRAのニューハード、青。

画像1


第3回OKBのコメントにも載りましたお気に入りです。

ジェットストリームら、新油性が油性ボールペン界を席巻して久しいですが、
元祖油性ボールペンも捨てたもんじゃありません。

キャップ式の安定感、破格の安さ、六角形のボディ…

どの文具店でも、プッシュされていることは皆無なので、
実はみなさんが手に取ることは少ないのではないでしょうか。

新油性のなめらかさにばかり気を取られていて、すっかり忘れらているニューハード。

意外とイケるヤツなので、機会があれば手にとって頂きたいです。


うーむ、ブログの構成に迷い中です。
同系統のものを一気に取り上げるか、
ひとつずつ取り上げるか。
それとも、テーマごとにするか、
気分で書くか。

もし、読んでくださる方がいたら、
こんな内容なら読んでみたいなあ、などの助言を頂ければ幸いです。


↑このページのトップヘ